愛犬とコミュニケーションしているとき、ふと“口臭”が気になったことはありませんか?愛犬との時間を快適に過ごすには、気になるニオイは無くしたいですよね。
それに、もしかしたら口臭は病気のサインかもしれません。毎日ケアしていれば、病気の早期発見にも役立つ可能性があります。
ここでは、犬の口臭について、基礎知識と口臭の原因、また予防法や病気の可能性について、詳しくお伝えします。

飼い主さんが気になるほどの口臭の場合は

どんな犬にも多かれ少なかれ口臭はあります。決して爽やかなものではありません。私たち人間同様、食べ物や胃腸の状態により、一時的に口臭がきつくなるときもあります。
一方で、犬の年齢や犬種による差も見られます。
一般に、高齢犬は加齢とともに唾液の分泌量が減るため、口が乾燥してネバつきやすくなってきます。そのため、汚れが口内に残りやすく、ニオイの原因となる歯垢が溜まりやすくなります。これも人間と同じですね。
また、小型犬は歯が密集して生えているので歯垢が溜まりやすく、中・大型犬より口臭をおこしやすい傾向があります。特に、小型犬の中でもプードルやダックスなどの鼻が長い犬種は、ペチャ鼻系よりも大きい歯を持つため、汚れのつく面積が広くなり、口臭を持ちやすいといわれています。
このように老犬や小型犬では、口臭が常態化していることもあります。ですので、口臭=病気…というわけではありません。
でも、飼い主が気になるほどの口臭があるという状態は、正常とはいえません。口の中か体のどこかに異常を抱えているとみてよいでしょう。

何が悪いと口臭がきつくなる?

では、どのような状態が“異常”なのでしょうか?口臭が気になったら、愛犬に次のような兆候がないか、注意してみてみましょう。

歯周病

口臭の場合、まず疑われる原因は“歯周病”です。口の中をよく観察してみましょう。
犬の歯肉はきれいなピンク色をしていますが、歯周病の初期の段階では、炎症を起こして赤くなっています。この症状が進むと、歯茎から出血する、口臭がきつくなる、食べものを口に入れたがらず食欲が低下する、などが見られます。さらに進行すると、「歯周ポケット」といわれるすき間が歯と歯肉の間にでき、歯がグラグラする、抜けてしまう、といった状態になってしまいます。

その他

口臭には、歯周病から起こるものではない場合もあります。
歯周病か、それ以外が原因かを見極める1つの方法は、タオルやガーゼなどで犬の歯を拭き取ってみて、その匂いを嗅いでみることです。タオルやガーゼが臭わなければ、口臭の原因は歯の汚れではなく、内臓などの不調による可能性が考えられます。食べ物による消化不良の場合は、一時的な口臭や下痢・嘔吐で済みますが、これらが慢性的になると別の原因も考えられます。愛犬の全身の状態をよく見てあげましょう。

どうして口臭異常がおこってしまうの?

それでは、これらの口臭の異常は、なぜ起こるのでしょうか?
犬におこりやすい口臭の原因を紹介しましょう。

食べ物

犬にとって適切でない食べ物を与えた時も、口臭は酷くなります。これは消化不良をおこして胃腸に不具合を起こしているためです。米やパンなどの穀物類は犬にとって消化しにくいものですので、与え過ぎには気をつけましょう。また、油分の多い食べ物は口の中が酸化し、それによるニオイを発することもあります。

病気

歯周病

3歳以上の犬の約8割が歯周病であるといわれています。犬の口内は人と違ってアルカリ性であるため、人よりも細菌が繁殖しやすく、歯石になりやすいという特性があるためです。
歯周病は、歯垢がたまり、口の中が不衛生になることでおこります。歯垢はどんな犬種でも年齢を重ねると溜まりやすくなり、細菌感染への抵抗力も落ちていくので、飼い主が注意してあげることが必要です。
放っておくと、歯垢の中で繁殖した細菌が、ニオイを発生させ、歯肉に炎症を起こして歯肉炎となってしまいます。さらに放置すると、歯周炎に進行し、口臭もきつくなっていきます。

内臓の疾患

『食べ物』の項でも述べましたが、消化不良も口臭の原因になります。消化不良の状態が続くと、便秘や下痢を引き起こすこともあります。特に、便秘は排泄されるべき老廃物が腸の中に留まっているため、そこから発生したアンモニアや硫化水素などの有害物質が腸壁から血液中に吸収されて体内を巡り、呼気として放出されるようになります。このため、口臭がきつくなるのです。下痢や便秘は食事だけでなく、他の疾患により起こる場合がありますので、愛犬の全身状態にも注意が必要です。

歯周病の予防&治療法は?

口臭の原因は様々ですが、最も原因となりやすいのは歯周病です。歯周病を予防することは、飼い主が正常な犬の口臭を知ることになり、それによって体の異常の発見を早くすることもできます。そのためには、日頃からの愛犬の歯の手入れが重要です。

自宅でのケア

歯周病のサインである歯肉の色の変化に気づくためには、日頃から犬の口の中をよく観察しておくことが第一歩です。歯肉がきれいなピンク色であれば健康な状態だといえます。
愛犬に次のようなケアをしてあげながら、正常な状態を良く見ておきましょう。

歯磨き

人間のように毎日歯を磨くことが理想ですが、なかなか難しいですよね。でも歯周病の予防には、歯磨きが一番です。
犬の歯に付着した歯垢は、数日で石灰化して歯石になりますが、ザラザラしたその表面にまた歯垢がくっついて歯石になり…と悪循環をおこしてしまいます。取り除きやすい歯垢の段階でケアすることが、歯周病予防の近道です。
1週間に2回を目標に、余裕のある日を利用して歯磨きを実行してみてください。歯ブラシは、犬用の小さめの物を選んだ方が嫌がりませんよ。ペーストは使った方が予防効果は高まりますが、愛犬の好みを優先してあげてください。
大切なのは、飼い主にとっても犬にとっても“習慣化”することです。詳しい方法は下記〈歯磨きの方法〉をご覧ください。

噛むおもちゃ

硬いおもちゃは歯の掃除に役立ちます。強くて硬いロープで作られたおもちゃは、デンタルフロスのような役割があります。衛生面に気をつけ、時々洗って良く乾かすことも忘れずに。歯磨きガムもありますので、歯磨きをしない日などに上手に利用しましょう。

デンタルおやつ

市販の犬用ビスケットの中には、歯周病に役立つものがあります。無糖でハードタイプのものを選び、与えるようにしましょう。また、ニンジンやリンゴのような硬い新鮮な野菜や果物は、歯垢の除去に効果があります。

歯磨きの方法

具体的な歯磨きの方法を紹介しましょう。
まずは、飼い主が口の中に手を入れることに慣れてもらいます。子犬のうちに遊ばせながら練習しておくと、唇をめくったり、口に指を入れられたりすることにも抵抗がなくなります。よく褒めてやり、褒美を与えることも一法です。
歯ブラシが使えれば一番良いのですが、抵抗があるなら飼い主の指先にガーゼを巻いて、歯を拭う方法もあります。最近は、ペット用の歯磨きシートも販売されていますので、これを利用しても良いでしょう。でも、誤飲には注意してくださいね。
歯ブラシを口の中に入れられる犬には、ブラッシングによる歯垢除去を行いましょう。
いちばん歯垢が溜まりやすいのは、犬歯と後ろの歯(後臼歯)です。また、歯と歯の間や、歯と歯肉の間も溜まりやすいので念入りに行いましょう。また、下顎の歯は、上顎の歯がかぶさるために磨きにくく、汚れが溜まりやすいので気をつけましょう。
歯の裏側も付きやすいのですが、ここを磨くには犬に口を開けてもらう必要があります。口を開けるトレーニングは子犬のうちから訓練しないと難しい面がありますが、可能なら次の方法を試してみてください。
愛犬を後ろ向きに膝の上に乗せます。右利きの人は、左の手で左右犬歯の後ろをつかむようにして上顎をつかみ、右手の人差し指もしくは中指で下顎を下げると、口が開きます。一瞬でも開けられたら褒美を上げましょう。そして徐々に口を開けていられる時間を増やしていきます。ポイントは飼い主が楽しそうにやることです。
犬が嫌がってかみつくような場合は無理をしないでください。ブラッシングはできる範囲で留めましょう。
(参考:http://allabout.co.jp/gm/gc/44002/

専門家によるケア

定期的に歯石を除去してもらうのが最善ですが、歯周病のリスクが高まる老年期の前(10歳くらい)に、汚れを一掃しておくのも1つの方法です。ついてしまった歯石の除去はブラッシングでは難しいので、獣医師などにより処置してもらいますが、歯石除去には全身麻酔が必要になります。全身麻酔のリスクは高齢になるほど高まるので、老年期前のケアがおすすめです。もちろん、その後のケアを怠っては何にもならないので、若いうちから歯磨きケアを習慣化しておくことも大切です。
最近は動物病院だけでなく、トリミングサロンでもデンタルケアをしてくれるところが増えています。歯石除去は難しいですが、トリミングの際に歯のお掃除をプロにお任せするのも良いですね。

口臭対策を進めよう!

デンタルケアを行って予防をしてあげることが愛犬にとっては一番ですが、健康であっても口臭はゼロではありません。飼い主が気になる、あるいは軽度の口臭があるなどの場合は、次のような方法で軽減することができます。

歯磨きの徹底

歯周病が軽度なら、歯磨きを丁寧にしてあげることで炎症が治まり、口臭も徐々に減ってきます。口臭自体が気になるなら、歯磨きやペースト、ケアグッズ使用の頻度を上げてみましょう。
スプレー
犬用の口臭防止用のスプレーが市販されています。1日数回、直接噴霧して使用します。中には歯石や歯垢の除去効果があるものや、犬に優しいアルコールフリータイプもあります。

サプリメント

口臭予防用が各種市販されています。カテキンやプロポリスなど成分や形態も様々ですので、愛犬に合ったものを探してみましょう。
また、口臭が消化不良によって引き起こされている場合は、消化を補助するため、消化酵素入りのサプリメントを与えてみてください。
また、整腸作用がある乳酸菌入りのサプリメントも口臭の軽減に効果があり、便秘や下痢の改善にも役立ちます。

ハーブ

パセリやディルなどのハーブは、口臭予防に効果があります。愛犬に抵抗がないようであれば、食事に混ぜるなどしても良いでしょう。パセリには抗菌効果もあり、口内の細菌の繁殖を防ぎ、ニオイの元を減らしてくれます。

無添加で穀物不使用のドッグフードを与える

口臭の原因の一つになる消化不良を防ぐには食事改善も重要です。
犬は穀物や添加物に対してあまり消化力や耐性が無く、消化不良を起こしやすいとそれています。ですので穀物不使用のグレインフリードッグフードや無添加のドッグフードを与えてみると良いでしょう。無添加ドッグフードの口コミ情報などもありますので、愛犬に合った食事を探してみてください。

歯周病にしないために

毎日のデンタルケアはとても大切ですが、歯周病の原因となるものを与えない・させないことも重要です。次のことを愛犬に対してついついしていませんか?

  • 粘着質や柔らかめのドッグフードを与えている
  • 甘いおやつを与えている
  • 人間用のジャンクフード・ジュースなどを与えている
  • 歯磨きガムやロープなど、デンタルケアグッズを使用していない

愛犬と暮らしていると、人間用の食品を上げてしまいがちです。犬用に比べて人間の食べ物は味が濃く、甘いものなどは好んで食べるので、飼い主も喜ぶ姿を見たくて与えてしまうこともあるかと思います。ですが、人間と犬では体のしくみが異なります。人間には害がなくても、犬にとっては思わぬ毒である場合もあるのです。愛犬にとって何が大切なのか、犬との生活を見直してみてくださいね。

歯周病以外の可能性

酷い口臭は、身体の異常のサインです。歯周病以外の原因でも口臭が発生することがありますので、見逃さないようにしましょう。
前述の通り、ガーゼで犬の歯を拭って見分ける方法や、口臭以外の症状があるかどうかなど、愛犬の様子を良く見てあげてください。
口臭が歯周病以外による場合は、糖尿病、尿毒症、鼻炎・副鼻腔炎、肝臓病、咽頭炎、免疫介在性溶血性貧血(IMHA)、ガン(メラノーマ、口腔ガン、肺がん、胃がん、腸ガン)、骨折などによるケガなどが考えられます。糖尿病の場合は、特徴的な甘い匂いの口臭になります。いずれの場合も、普段の口臭と違うなら、獣医師の診察を受けることをおすすめします。
また、元々は歯周病であっても、これが進行すると、歯周病菌が血管から入り込み、血液とともに臓器にたどりつき、内臓疾患を併発してしまう場合もあります。歯周病だからと軽視せず、初期の段階でケアしてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>